今週の注目レース情報と予想 一覧

今週開催される注目のレース情報を無料で配信!3連単を当てる参考にどうぞだぜ!競馬予想も掲載するかもだぜぇ!

第78回桜花賞(G1)の予想オッズと考察

第78回桜花賞(G1)の予想オッズと考察

逆転で戴冠を果たす馬も少なくない牝馬クラシック第一戦! 昨年の桜花賞は単勝オッズ40.8倍(8番人気)のレーヌミノルが優勝を果たした。また、2008年には12番人気のレジネッタが優勝して3連単7...

競馬記事の続きをみる

第48回高松宮記念(G1)の予想オッズと考察

第48回高松宮記念(G1)の予想オッズと考察

新興勢力の台頭も珍しくない上半期のスプリント王決定戦! 2016年のビッグアーサー、2017年のセイウンコウセイと、ここ2年の高松宮記念は共に重賞未勝利だった馬が優勝を果たしている。また、201...

競馬記事の続きをみる

第54回金鯱賞(G2)の予想オッズと考察

第54回金鯱賞(G2)の予想オッズと考察

今春の主役候補がひと足早く激突するG1前哨戦! 金鯱賞は、GⅡに昇格した1996年から2011年までは宝塚記念の前哨戦として、2012年から2016年の5年間は有馬記念の前哨戦として行われてきた...

競馬記事の続きをみる

第92回中山記念(G2)の予想オッズと考察

第92回中山記念(G2)の予想オッズと考察

春のGⅠへ、そして世界のG1へ! 昨年の優勝馬ネオリアリズムは、次走で香港に遠征してクイーンエリザベスⅡ世Cを優勝。同5着のヴィブロスは、ドバイに遠征してドバイターフを勝利。また、一昨年の優勝馬...

競馬記事の続きをみる

第35回フェブラリーステークス(G1)の予想オッズと考察

第35回フェブラリーステークス(G1)の予想オッズと考察

今年最初のGⅠは府中のマイルで競うダート王決定戦! 近年のフェブラリーSでは、2014年に16頭立て16番人気のコパノリッキーが勝利を収める波乱の結果となったほか、2012年に7番人気のテスタマ...

競馬記事の続きをみる

第111回京都記念(G2)の予想オッズと考察

第111回京都記念(G2)の予想オッズと考察

国内外のGⅠにつながっていく重賞! 昨年大阪杯がGⅠに昇格したことに伴い、京都記念もその前哨戦として注目度が上昇した。また、ここをステップに3月末のドバイ国際競走や4月のクイーンエリザベスⅡ世C...

競馬記事の続きをみる

第68回東京新聞杯(G3)の予想オッズと考察

第68回東京新聞杯(G3)の予想オッズと考察

春の古馬マイル戦線を展望する一戦! 東京新聞杯は古馬マイルGⅠの安田記念、ヴィクトリアマイルと同舞台であり、春の古馬マイル戦線を展望する一戦となる。2014年以降の過去4年では6歳馬が3勝2着1...

競馬記事の続きをみる

第32回根岸ステークス(G3)の予想オッズと考察

第32回根岸ステークス(G3)の予想オッズと考察

頂上決戦を目指す馬たちの熱き戦い! 新春の東京開催の開幕週に行われる根岸Sは、3週間後のフェブラリーSを視野に入れる馬が出走する重賞。昨年は根岸Sの1、2着馬が共にフェブラリーSで3着以内に入り...

競馬記事の続きをみる

第59回アメリカジョッキークラブカップ(G2)の予想オッズと考察

第59回アメリカジョッキークラブカップ(G2)の予想オッズと考察

春のビッグタイトルに向けたGⅡ! アメリカジョッキークラブCでは、昨年まで4年連続で単勝7番人気以下の馬が3着以内に入っている。有馬記念の約1か月後という時期ではあるが、早くも重賞戦線は春のビッ...

競馬記事の続きをみる

第65回日経新春杯(G2)の予想オッズと考察

第65回日経新春杯(G2)の予想オッズと考察

ハンデキャップ競走ながら上位人気馬が強い一戦! 2008年に3連単46万670円、2009年にも3連単21万3570円の高配当が飛び出すなど、かつての日経新春杯は波乱の決着が目立つレースだった。...

競馬記事の続きをみる

第67回中山金杯(G3)の予想オッズと考察

第67回中山金杯(G3)の予想オッズと考察

2018年の重賞は1月6日の中山金杯からスタート! 2018年のJRAは1月6日の土曜日に開幕。その開幕日の中山競馬場で行われる重賞が中山金杯だ。かつては高配当が飛び出すことも多かったが、201...

競馬記事の続きをみる

第34回ホープフルS(G1)の予想オッズと考察

第34回ホープフルS(G1)の予想オッズと考察

2018年の主役候補が集まる注目の2歳GⅠだ! 4月の大阪杯と同じく、このホープフルSも今年からGⅠに昇格したレースだ。前身は1984年に創設されたラジオたんぱ杯3歳牝馬Sで、当時は阪神・芝16...

競馬記事の続きをみる

第62回有馬記念(G1)の予想オッズと考察

第62回有馬記念(G1)の予想オッズと考察

一年の想いを込めて名馬が織り成す名勝負! 有馬記念の歴代優勝馬を振り返ると、日本競馬史に残る数々の名馬に出合うことができる。また、その名馬の数だけ名勝負が繰り広げられてきた。約2分30秒のドラマ...

競馬記事の続きをみる

第69回朝日杯フューチュリティS(G1)の予想オッズと考察

第69回朝日杯フューチュリティS(G1)の予想オッズと考察

牡馬と牝馬に出走権がある2歳マイル王決定戦! 年末のホープフルSが今年からGⅠに格上げされたため、昨年までのようにこのレース単独で「2歳王者決定戦」とは呼べなくなったが、それでも1600mの距離...

競馬記事の続きをみる

第37回ジャパンカップ(G1)の予想オッズと考察

第37回ジャパンカップ(G1)の予想オッズと考察

芝2400mでの頂上決戦! 近年のジャパンカップにおいて、外国からの遠征馬は2005年にアルカセットが制したのを最後に優勝がなく、3着以内に入ったのは2006年3着のウィジャボードが最後。日本調...

競馬記事の続きをみる

第34回マイルチャンピオンシップ(G1)の予想オッズと考察

第34回マイルチャンピオンシップ(G1)の予想オッズと考察

秋のマイル王決定戦! 2009年に8歳でマイル王の栄冠を勝ち取ったカンパニー以後、単勝1番人気馬の勝利が途絶えており、翌2010年に13番人気のエーシンフォワードが、2014年に8番人気のダノン...

競馬記事の続きをみる